精力の源「テストステロン」の役割と増やす方法!

ギン次郎

ギン次郎
テストステロンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

あまり聞いたことがない言葉で、ギン次郎も精力剤を調べ始めるまでは知らない言葉の一つでした。

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で精力アップには欠かせない存在で、テストステロンが不足してしまうと精力が減退してしまうほどに重要なものなのです。

精力アップに重要な存在ですので、どうにかしてこのテストステロンの分泌量を増加させたいものです。

では、このテストステロンにはどのような効果があるのか詳しくご紹介していきます。

男性ホルモン「テストステロン」の効果

  • 性欲増進
  • 精子の形成
  • モチベーションをあげる
  • 内臓脂肪の増加を抑える
  • 筋肉増強
  • 男らしい身体のラインを作る
  • 集中力の向上
  • 動脈硬化の予防
ギン次郎

ギン次郎
テストステロンにはこれらの様々な効果があり、精力アップだけでなく他にも様々な良い効果があるのです。

成人男性なら、このテストステロンを一度は実感したことがあり、一番最初に実感するのは中学生の思春期頃だと思います。

人によって個人差はありますが大体の方は思春期頃で、この頃になってくると身体が大人になってきて、ヒゲが生えてきたり体毛が濃くなってきたり、声が男らしく低くなってくるのを感じたと思います。

そして、性への関心が増してきて今まで「女性」への関心がなかったのを、女性を意識し始めて性への物心がつき始めるのです。

 

これは男性ホルモンの分泌が増加してきたことが理由で、個人差があり体毛が濃かったりチン毛が小学生のころから生えている人は、テストステロンの分泌量の増加が他の人よりも早く行われていた結果です。

他にも、テストステロンは人の活力の元にもなっていて、ドーパミンを産生する働きがあり「幸福感」「やる気」を感じられるようにもなって、生きる活力を生み出してくれるのです。

さらには、一酸化窒素を産生する働きもあり、一酸化窒素は血管を拡張させて血流を良くする働きがあって、動脈硬化の予防の他にも、勃起力の向上・改善にも役立ってくれます。

このテストステロンは、徐々に分泌量が増していくのですが、18~30歳でピークを迎えて年齢を重ねていく毎に、徐々にテストステロンの分泌量が減少していくのです。

テストステロンが減少してしまう原因と影響

テストステロンが減少してしまう原因として、上記で説明した加齢が原因として考えられるのですが、その他にもストレス疲れ寝不足などの精神的なものでもテストステロンが減少してしまうのです。

テストステロンが減少してしまうことによって…

  • イライラする
  • やる気が出ない
  • 集中力が低下する
  • 不安に思うことが多くなる
  • 気分が鬱になってくる
  • ED(勃起不全)になってしまう
  • 性欲が減退する
  • 筋肉力の低下
  • 太りやすくなる
  • 疲れやすくなる

このようなことが起こってきてしまいます。

テストステロンが減少して、上記のような状態になることを一度は聞いたことがあるかと思う「男性更年期障害」と言います。

現在では、仕事の疲れやストレスなどを溜め込んでいる人が沢山いますので、男性更年期障害になっている人が沢山いらっしゃるのですが、テストステロンの分泌が促進されている人は、年齢を重ねてもまだまだ現役バリバリな人だっています。

このテストステロンはどのようにしたら分泌量が増えるのでしょうか?

テストステロンの分泌量を増加させる方法

  • 筋トレ・適度な運動
  • 適正な体重にする
  • 質の良い睡眠をとる
  • 亜鉛を摂取する
  • タバコ・飲酒を控える
  • 太陽光を浴びる

これらの方法で、テストステロンの分泌量を増加させることができます。

さっそくこれらの方法を詳しくご紹介していきます。

筋トレ・適度な運動

テストステロンの分泌を増加させるのに、効果抜群なのが筋トレ・適度な運動です。

筋肉を鍛えることはホルモンを刺激させるのに効果的で、テストステロンの分泌量の促進に繋がります。

マッチョな人って体格がごつくなるから男らしく感じますが、それ以外にも筋トレをしていてテストステロンの分泌が促進されているからこそ男らしく感じるのです。

AV男優でマッチョな人が多いのは体力をつけたり、見栄えを良くしたりするほかに、テストステロンの分泌量の促進を狙って精力増加させる意味もあるのです。

特に筋トレでオススメなのがスクワットです。

スクワットは、テストステロンの分泌量を促進させる他に、ペニスからお尻の間にあるPC筋を鍛えることができます。

PC筋はペニスを支えている筋肉なのですが、このPC筋は年齢を重ねていくと徐々に衰えてきて、ペニスの勃起力が低下して角度が徐々にさがっていくのです。

このPC筋も鍛えられ、さらにテストステロンの分泌量促進も狙えて、自宅で気軽にできますのでスクワットがオススメなのです!

「最近ペニスが勃起しても反り勃たなくなってきた」 「勃起してもすぐペニスが萎えてしまう」 「セックス中に中折れしてし...

注意点

この筋トレや運動をする上での注意点としてやりすぎないことです。

筋トレをやりすぎてオーバートレーニングしてしまうと、ストレスの元であるコルチゾールというホルモンが増えてしまい、コルチゾールはテストステロンと競合性があって、テストステロンが減少してしまうのです。

さらに、長時間の有酸素運動もテストステロンの分泌を減少させてしまいますので、適度な運動が求められるのです。

適正な体重にする

ダイエットして適正な身体にすることで、テストステロンの分泌量が増加します。

逆をいうと、太っている人はテストステロンの分泌量が減少しているのです。

太っている人のテストステロンの分泌量が減少している理由として、 脂肪細胞に含まれるアロマターゼという酵素が、 男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンのエストラジオールに変換してしまうことが挙げられます。

ですので、太っている人は自分の適正体重までダイエットすることで、テストステロンの分泌量を促進させることができるのです。

適正体重=(身長(m)×身長(m))×22

これが適正体重の計算式で、私は身長が170cmですので(1.7×1.7)×22=63.58kgが適正体重となるわけです。

注意点

注意点として無理なダイエットや急激に体重を落とすことはしないでください。

この注意点は、テストステロンの分泌を悪くさせる他に、体調を崩したり、リバウンドしてしまったりと、良いことはありませんので徐々に体重を落として、適正体重にすると良いでしょう!

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとることはとても重要で、睡眠不足だとテステステロンの量を大幅に減少させてしまうのです。

テストステロンと睡眠は関連性があることが研究されていて、長時間眠る程テストステロン値が上昇することが研究の結果わかっています。

1週間で1日の睡眠時間を5時間にしたところ、 テストステロンの生成量が10~15%低下したという研究結果がでているのです。

そのくらい、睡眠とテストステロンは関連性がありますので、質の良い睡眠をとることはとても重要なのです。

亜鉛を摂取する

亜鉛はテストステロンの分泌量を促進させる働きがあります。

これも研究結果で、亜鉛がテストステロンの分泌量を促進させるという結果がでています。

テストステロン値の低い男性が、6週間ほど亜鉛を補足することによって、テストステロン値に目覚ましい改善がみられたのです。

亜鉛には、他にも精子の生成をおこなって性欲を増強させたりと、精力アップにとても効果のあるものですので、是非とも摂取したい成分なのです。

タバコ・飲酒を控える

タバコや飲酒は身体に悪いだけではなく、テストステロンの分泌を減少させてしまう働きもあるのです。

程よく飲酒したとしても、テストステロンの分泌量が20%くらい減少してしまう結果がでており、さらに毎日アルコールを飲んでいる人に限っては50%以上もテストステロンの分泌量が減少しているのです。

タバコに関しては、タバコを吸うことで上記で説明した、ストレスの元であるコルチゾールの生成を増加させることから、 テストステロンの分泌量を減少させてしまいます。

太陽光を浴びる

テストステロンの分泌量を促進させるには、ビタミンDがテストステロンの増加を手伝ってくれます。

このビタミンDは体内で生成することのできる成分で、太陽光を浴びることによってビタミンDを生成することができます。

日焼けをしている男性って、男らしく感じるのはこのビタミンDがよく生成されており、テストステロンの増加を手伝っているからこそなのです!

精力剤を飲んで効率的にテストステロンを増加させる

精力剤などのサプリメントを飲むことで、効率的にテストステロンを増加させることができます。

テストステロンの分泌を増加させる為に、効果的なのが「トンカットアリ」です。

トンカットアリとは、東南アジアに熱帯雨林に自生しているハーブの一種です。

このトンカットアリには「ユーリペプチド」という成分が含まれていて、ユーリペプチドはコレステロールを男性ホルモンに変換する働きがあって、男性ホルモンレベルを下げてしまう、グロブリンやアルブミンのレベルを下げてくれる働きがあります。

このトンカットアリが豊富に含まれているのが「ペニトリンマックス」です。

ペニトリンマックスには、トンカットアリが150mg(10倍濃縮)も含まれており、テストステロンを増加させるのに、とても効果的な精力剤なのです。

他にも、アルギニンやシトルリンが豊富に配合されており、勃起力の向上・改善に効果のある精力剤ですので、気になった方は是非一度試してみてください!

男性なら一度は悩んだことがあるのがペニスの大きさです。 男性であればデカチンに憧れてしまうものですが、現在の日本人男性の平均のペニ...

ギン次郎が絶賛!おすすめ精力剤ランキング!

関連記事

早漏の原因は4種類あった!改善方法をどこよりも詳しく!

手軽で簡単!勃起力改善に効くツボはどこ?

彼氏・旦那にバレないように精力剤を飲ませる3つの方法!

精力剤に副作用はある?危険性を調べてみました

早漏を治すオナニー方法と遅漏を治すオナニー方法を解説!

マカとクライチャイダムを徹底比較!おすすめはどっち?