精液を増やすにはプロテインがおすすめ?効果と注意点を知っておこう

ギン次郎

ギン次郎
プロテイン=タンパク質

以前まで、プロテインは、プロテインという商品名でタンパク質が摂取できるものだと思っていたのですが、タンパク質の英訳がプロテインというのを知りませんでした(笑)

最近、精力アップの為にジムに通っているのですが、せっかくジムに通っているのならプロテインを飲もうと、プロテインを購入して飲んでいます。

そこで、ふと「タンパク質だから精液量がプロテインで増えるんじゃないか!?」と気になったんです。

精液はタンパク質が元で出来ているものですので、タンパク質を摂取し続けたら精液量が増えるんじゃないのかと思ったのです。

昔はプロテインって美味しくないイメージで、少し食わず嫌いしていたのですが、最近プロテインを購入して飲んでみたら、意外と美味しく飲めて苦にならなかったのです。

そこで、精力に関しては敏感なギン次郎が、プロテインに精液量を増やす効果があるのかを徹底調査しましたのでご紹介していきます。

タンパク質とは

タンパク質とは、アミノ酸が結合してできたものです。

このタンパク質は、身体を構成する栄養素で必要不可欠な存在です。

そんなタンパク質は…

  • 植物性タンパク質
  • 動物性タンパク質

この2つの種類に分けることができます。

プロテインは、このどちらかのタイプで作られていて、どちらにするかで効果が大きく変わってきます。

植物性プロテイン

植物性プロテインの代表が大豆タンパク質で、ソイプロテインと呼ばれています。

名前の通り、大豆からタンパク質を抽出してできているタンパク質で、必須アミノ酸がほぼ含まれているのですが、他のアミノ酸含有量が少ないです。

ですが大豆タンパク質は、免疫力の維持・コレステロール値を下げる・動脈硬化を改善する効果があるとされています。

特にコレステロール値を下げる効果は有名で、「コレステロールが気になる方の食品」として特定保健用食品(トクホ)の有効成分にも認められています。

プロテインって飲むと体重が増えるってイメージが付いていますが、これはタンパク質を過剰に摂取した場合に、身体が吸収しきれずに体脂肪などに変化してしまう為です。

適度なタンパク質の摂取ならば、ダイエット効果があると言ってもいいでしょう。

動物性プロテイン

動物性プロテインは、卵や肉などに含まれている乳清タンパク質で出来ていて、ホエイプロテインと呼ばれているものがそうです。

ラクトフェリン・ラクトクロブリン、ラクトアラブリンを主成分とし、必須アミノ酸9種類をすべて含んでいて、低脂肪の非常に吸収率が良いのが特徴です。

この動物性プロテインは、主に免疫力の強化や筋肉増強などの効果があるので、筋トレしている人はこちらのプロテインを飲んでいます。

どっちが精液アップに効果あるの?

植物性プロテインと動物性プロテインをご紹介しましたが、どちらが精液量アップに効果があるのかというと「動物性プロテイン」です!

植物性プロテインも、精液量アップに効果がないわけではないですが、植物性プロテインは必須アミノ酸が全て含まれているわけではなく、しかも他のアミノ酸も豊富に入っているわけではありません。

それに対して、動物性プロテインは必須アミノ酸が全て含まれているのに加えて、他のアミノ酸も含まれているため、精液量アップに効果があるのです。

ギン次郎

ギン次郎
では、実際にこの動物性タンパク質はどのように精液量をアップさせてくれるのでしょうか?

アミノ酸パワーで精液量アップ

タンパク質を摂取すれば精液量が増えるのは、この動物性タンパク質に含まれているアミノ酸のおかげです。

これは、アミノ酸の一種である「アルギニン」が効果を発揮してくれています。

アルギニンのパワー

アルギニンは精液を作る材料として不可欠な存在で、実は精液の約80%はアルギニンでできているのです!

ですので、アルギニンを摂取することで単純に精液量が増えるのですが、それだけではないのです。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあり、精液量だけでなく精子量も増やしてくれます。

成長ホルモンとは、細胞分裂を促進させるホルモンで、小さい子供にはアルギニンが必要不可欠な成分です。

ギン次郎

ギン次郎
身体の成長は、細胞分裂が行われることで新しい細胞が出来上がって成長していきますので、アルギニンが体内で生成されることによって成長ホルモンの分泌を促進させて、細胞分裂させて成長していくのです。

実は、精子も細胞分裂をするのですが、この細胞分裂をすることで精子の量が決まってきます。

成長ホルモンによって細胞分裂を促進させることによって、より多くの精子が生成されて、精子量が増えるというわけです。

タンパク質ばかり摂取してもダメ!

上記のことから「じゃあタンパク質を摂取しまくろう」と思いがちですが、それはダメです。

タンパク質は精液を作るものですが、精子自体を作ってはくれません。

精子は「タンパク質+亜鉛」が合成することによってできますので「亜鉛」を摂取しなければいけないのです!

ですが、現代の成人男性は亜鉛の摂取量が不足していると言われており、平均で「7~8mg」しか摂取できていないのです。

成人男性の、1日の亜鉛の推奨摂取量は「12mg」ですので、亜鉛不足ということがわかりますよね。

亜鉛が不足している原因と大きいのが、インスタント食品や加工食品が昔よりも増えたことです。

亜鉛は、不純物を体から取り除いてくれる働きがあるのですが、このインスタント食品や加工食品に含まれる添加物を不純物だと認識して、亜鉛が一緒にくっついて体外に排出されてしまうのです。

亜鉛が身体に吸収されることなく体外にでてしまうので、それで亜鉛不足に陥ってしまうわけですね。

亜鉛の摂取は精力剤がオススメ

亜鉛は様々な食べ物に含まれていますが、一番亜鉛を含有している食べ物は「牡蠣」です。

牡蠣は海のミルクと言われているほど多くの栄養素を含んでいるのですが、特に亜鉛を豊富に含んでいることで知られています。

ですが、成人男性の1日の摂取量である12mgを摂取するには、牡蠣を毎日5~7個食べなければいけません。

毎日牡蠣ばかり食べていたら飽きてしまいますし、お金もかかってしまいますよね。

また、生で食べなければ亜鉛を豊富に摂取できないのですが、毎日生牡蠣をたくさん食べていたら食中毒になってしまう危険性だってあります。

そこでオススメなのが、牡蠣濃縮エキスを使用している「海乳EX」という精力剤です!

海乳EXは、2錠飲むだけで亜鉛を「12mg」も摂取できますので、1日の摂取量を簡単に摂取することができて、飲むだけですのでとても手軽です。

価格も他の精力剤に比べて安く、気軽に購入することができますので、亜鉛を摂取したい方にはとてもオススメです!

精子の量が少なくなってくることによって、様々な悪影響を及ぼします。 性欲が落ちてきて、精力自体も低下してペニスの勃起力が低...

関連記事

精子を増やす食べ物まとめ!男の妊活は食生活の改善から!

【男の妊活】精子の運動率が低い原因と高める方法

妊活目的でバイアグラを飲むのは効果あるの?

タバコが不妊の原因に?喫煙と精子の関係性を調べてみた!

精子を増やすために運動しよう!体型と精子量の関係性

乏精子症(精子減少症)とは?原因と改善方法・治療方法について