【チントレ実践】ジェルキングのやり方と効果を解説!

チントレの中でもメジャーな方法で、ジェルキングをやられている方が多くいらっしゃいます。

ジェルキングは、名前の通りジェル(ローション)を使用して行うチントレ方法です。

1970年代後半にイギリス人医師のブライアン・リチャーズが、学会で発表して世に広まった由緒あるトレーニング方法です。

研究結果によると、被験者の87%以上がジェルキングによってサイズアップの効果があったと証明されていますので、安心して実践できるチントレなのです。

ジェルキングはミルキングと同じく、半勃起状態で行うチントレで、ペニス全体に血液を集中させて海綿体(血管)を太くしてペニスをサイズアップさせるチントレです。

ペニス亀頭に向かってゆっくりと繰り返し血液を送り込むことで、ペニスを長く太く伸ばしながら、大きく形の良い亀頭を作っていきます。

ギン次郎

ギン次郎
ではジェルキングのやり方をご紹介していきます。

ジェルキング実践!やり方をご紹介

ジェルキングには、潤滑油(ローション)が必須になってきますので、まずはローションを準備しましょう。

ペニスを半勃起の状態にする

ジェルキングは、ミルキング同様にペニスの亀頭の海綿体(血管)に血液を流れ込ませる方法です。

ですので、フル勃起している状態だと血管がパンパンの状態で、血管に負荷が掛かりすぎて血管が損傷してしまう恐れがあります。

フル勃起状態でも大丈夫と紹介しているサイトもありますが、デリケートな部分ですので、なるべく避けるようにして半勃起の状態で行いましょう。

左手でペニスの根元を握る

半勃起状態になったら、右手にローションをつけて、左手は親指と人差し指でOKの輪を作って根本を握ってください。

左手でペニスを握る時は、ペニスが傷ついてしまう恐れがありますので、あまり強く握らないようにしましょう。

左手でペニスを握ったら、右手でも親指と人差し指でOKの輪を作って、左手のOKの輪の上に右手のOKの輪を置きます。

ペニスを右手で絞っていく

そうしましたら、右手のOKの輪を亀頭に向かってゆっくりと2~3秒くらいかけて絞っていきます。

そして亀頭までいったら、また元の位置から右手でペニスを絞っていきます。

この時に、亀頭に集まった血液が逃げないように、左手は根元を握っている状態を保っておいてください。

逆の手でジェルキング

10回程度ジェルキングを右手で行ったら、左手にローションを付け直して、今度は左手でジェルキングをしましょう。

もし途中でローションがとれてきたら、ローションを付け直してジェルキングするようにしてください。

ジェルキングは、ローションが無いとペニスに負荷が強くかかってきますので、もしローションがないときはジェルキングはしないようにしましょう。

石鹸やボディーソープでもヌルヌルするからいいじゃんと思う方もいますが、ペニスに石鹸などが入ってしまったら痛いですし、ローションの方がヌルヌルしますのでペニスに負荷がかかりずらいですので、ローションでジェルキングをやるようにしましょう。

5~10分程度ジェルキングをしよう

初めのうちは、5分程度でジェルキングを行ってペニスを慣れさせてあげましょう。

慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていって、10分程度ジェルキングを行うといいですね。

できるだけ、毎日行うことが大事なのですが、ペニスに少しでも違和感などを感じるようでしたら、ちょっと様子を見るようにしましょう。

ジェルキングの注意点

ジェルキングを行うにあたって注意する点があります。

それはジェルキングを行うことによって、ペニスの皮が伸びてしまう可能性があることです。

これは、ローションをしっかりとペニスに塗っていないことで、皮も一緒に絞ってしまい、皮も一緒に伸びて包茎になってしまうのです。

ローションを塗ることによって、摩擦が減りますので一緒に皮が伸びてしまうことがなくなりますので、しっかりとローションを塗るようにしましょう。

他にも、ローションをしっかりと塗っていないと、ペニスの怪我にも繋がってきますので、ローションはとても重要なのです。

ジェルキングの効果

ジュルキングの効果は主に、海綿体(血管)の拡張を目的に行っています。

これはわかりやすくいうと、血管を太くしてペニスにより多くの血液を流し込んで、ペニスをサイズアップさせようということです。

ペニスをローションで絞り上げる時に、血液を流し込んで徐々に血管を太くしていきます。

血管は伸縮性があり、徐々に血管が太くなっていくのですが、これはすぐには太くはなりません。

(個人差はあるものの)ジェルキングを初めて1ヶ月ほどしたら効果を実感される方が多いのですが、ここで辞めてしまってはいけません。

1ヶ月程で辞めてしまったら、血管が大きくなった太さに慣れていない為に、元の太さに戻ってしまうからです。

ジュルキングを行う期間

ジェルキングを行う期間として、3~6ヶ月は様子を見るようにしましょう。

上記で説明している通り、すぐには効果が現れず、効果が現れたとしても、すぐに元に戻ってしまいますので、最低でも3ヶ月は様子を見てください。

まず3ヶ月で様子を見てから、6ヶ月程ジェルキングを続けると、大抵の方がペニスのサイズアップの効果を実感できて、元に戻らなくなるでしょう。

精力剤&ジェルキングで効果アップ

ジェルキングを行っている期間に、ペニス増大効果のある精力剤を飲むことでより効果を得られることができます。

ペニス増大効果のある精力剤には、基本的に「シトルリン」という成分が含まれています。

このシトルリンは、ペニス増大に欠かせない成分で、このシトルリンは体内にはいることで一酸化窒素を分泌します。

この一酸化窒素は、ペニスの血流を良くしてくれて、ペニスに血液を流し込んでくれる働きを持っています。

ですので、ジェルキングにとても相性の良い成分なのです。

わかりやすくいうと、筋トレをした後に、プロテインを飲むとプロテインに含まれているタンパク質のおかげで、筋肉量が増えます。

精力剤はこのプロテインと一緒で、チントレ=筋トレをして、精力剤=プロテインを飲むことで、より効果を得られるということです。

ギン次郎

ギン次郎
三日坊主では、何の効果も得られずに意味がなく、続けることが大事ですので、しっかりとチントレを続けて自身のもてるペニスなれるように頑張ってください!

ギン次郎も愛飲中!ペニス増大サプリランキング!

関連記事

【チントレ実践】ミルキングの正しいやり方と効果

ペニス増大におすすめの精力剤・サプリランキング

吸引してサイズアップできるの?ペニス増大ポンプの効果を検証!

旦那・彼氏のペニスが小さい。。大きくする方法はないの?

【解説】肥満(デブ)だとペニスが小さくなるのは本当だった!

引っ張りトレーニングでペニス増大!やり方と効果とは?