生活習慣病予防にシトルリン!動脈硬化・高血圧・糖尿病を防ぐ?

ギン次郎

ギン次郎
シトルリンは万能薬!

シトルリンには勃起力を向上させたり、ペニス増大の効果があるイメージが強いと思います。

特にペニス増大の効果をイメージされる方が多く、男にとってロマンのある成分なのですが、シトルリンはそれらの効果から生活習慣病を予防・改善しているのです!

生活習慣病とは

生活習慣病とは、名前の通り生活習慣が元で発症してしまう疾患群のことです。

主に食生活、運動習慣、喫煙、飲酒、ストレス、睡眠などが原因になって…

  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 肥満症
  • 高脂血症
  • 大腸がん
  • 歯周病

これらの病気になってしまうことを、総称して生活習慣病と言います。

1つの病気のことを生活習慣病というのではなく、複数の病気になることを生活習慣病というのですが、そう呼ばれるのは肥満が元で糖尿病になってさらにそのせいで動脈硬化になったりと負の連鎖が続くからです。

自覚症状がほとんどない為に、生活習慣病を発症しても気が付かなく、気がついたとしても初期の頃は特に痛みや違和感を感じることがありません。

ですが、ドンドンと症状が悪化してきて脳や心臓、血管などにダメージを与え続けて突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあるので「サイレントキラー」なんて呼ばれたりもします。

現在、日本人の死亡原因の半数以上が生活習慣病が元になっていると言われているくらい、切っても切り離せない関係があります。

ですので、しっかりと今からでも生活習慣病を予防・改善して健康な状態を保つ必要があるのです。

シトルリンによって予防・改善できる生活習慣病

  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 糖尿病

この3つの病気をシトルリンによって予防・改善させることができます。

ギン次郎

ギン次郎
では早速どのような効果があるのかご紹介していきます!

動脈硬化

動脈硬化とは、名前の通り動脈が硬くなることで、動脈が硬くなって血管が狭くなったり、詰まったりして血流が悪くなります。

元々血管は弾力があって伸び縮みするのですが、動脈硬化で血管が硬くなることによって血液をスムーズに送ることが出来ず心臓に負担をかけてしまうのです。

さらに、血流が悪くなることで酸素や栄養が上手く臓器や組織に行き渡らなく、臓器や組織が正常に機能しなくなってしまいます。

その結果…

  • 心肥大
  • 心不全
  • 高血圧
  • 脳出血
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 下肢閉塞性動脈硬化症

これらの症状を引き起こしてしまう可能性がありますので、動脈硬化はとても恐ろしいものなのです。

さらに動脈硬化になることによって、勃起力が低下してEDになってしまう可能性も高いです。

ペニスは血液が十分に行き渡ることによって硬く勃起するのですが、血流が悪いとペニスに血液が十分に送られずに硬く勃起しません。

症状が重いと血液が全く送られない状態になってしまい、EDになってしまいますので是非とも動脈硬化は予防・改善したいですよね。

シトルリンで動脈硬化を予防・改善

シトルリンの働きとして血管を拡張させる効果があります。

動脈硬化は血管が狭くなって血流が悪くなるというのが主な原因ですので、シトルリンの血管を拡張させる働きで改善させることによって血流を良くしてくれます。

その結果、心臓への負担を減らしたり、臓器や組織に酸素や栄養をスムーズに供給させることができ、動脈硬化を予防・改善させることができます。

シトルリンの効果は、名古屋大学の医学博士である林 登志雄氏によってラットを使用した実験結果から、シトルリンが動脈硬化に効果があることが実証されています。

ギン次郎

ギン次郎
しっかりとした実証がありますのでシトルリンが動脈硬化に効果があることがよくわかります。

高血圧

高血圧も名前の通り、血管が血液によって圧迫されている状態のことです。

人間の身体は、身体を動かしたり、寒さを感じたりすると、血圧が上昇します。

高血圧の場合は身体を動かしたりしていない安静な状態でも、常に血圧が高い状態のことを指します。

高血圧の状態が続くと、血管が常に圧迫されて負担がかかっている状態になりますので、血管内が傷ついたり、柔軟性が失われて血管が硬くなったりして動脈硬化になりやすくなってしまいます。

ですので、高血圧を放置していると動脈硬化になってしまい、動脈硬化が進行して血流が悪くなり、上記のような危険な症状を引き起こしてしまうのです。

シトルリンで高血圧を改善・予防

動脈硬化でも説明した通り、シトルリンには血管を拡張させる働きがあります。

血管が拡張されることによって、血液によって圧迫されていた血管が拡がって、血液がスムーズに流れてくれるようになるのです。

シトルリンは2007年3月まで医薬品成分として指定されていたもので、高血圧の人に向けて販売されていた薬に配合されていた成分です。

効果はあるんだけど、副作用などの恐れがないことから食料品への利用が開始されて、精力剤などに多く使われるようになりました。

以前まで医薬品成分として薬に配合されていたものですので、高血圧への効果は抜群といっても過言ではないでしょう!


出典:http://www.sageru.jp/bloodpressure/knowledge/criterion.html

ギン次郎

ギン次郎
最近では、よく血圧計を置いている所があり、気軽に血圧を測ることができ高血圧かどうかを見分けることができますので、少し怪しいかもと思われる方は測ってみるといいでしょう!

糖尿病

糖尿病とは、血液中の糖の値が高い状態のことです。

いわゆる血糖値が高いということで、血糖値が高いことで起こるのが血液がドロドロな状態になることです。

血液はサラサラな状態が正常なのですが、血液中に糖が沢山あると血液がドロドロになります。

健康な人の場合、血糖値は「インスリン」やインスリンと逆の働きをもつホルモンのバランスによって、一定の範囲内にコントロールされているので、食事や運動をしても血糖値が極端に変動することはないです。

インスリンとは、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込み、血糖を下げる働きを持つ唯一のホルモンです。

ですが糖尿病になってしまうと、インスリンの働きが弱くブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなってしまうのです。

糖尿病の恐ろしい点は合併症を非常に引き起こしやすいのです。

  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 糖尿病神経障害
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 末梢動脈性疾患

これらの合併症が引きおこるのですが、特に上3つは「糖尿病の3大合併症」と言われています。

  • 喉が渇いて水を沢山飲む
  • 尿の量が多くなる
  • 疲れやすくなる
  • 体重が減る

糖尿病にはこのような自覚症状が現れますので、上記のような症状がないか今一度確かめてみてください。

シトルリンで糖尿病を予防・改善

糖尿病になるということはインスリンの機能が低下していることです。

シトルリンは、このインスリンを活発にする働きがあり、ブドウ糖を有効に活用して血糖値を正常に戻してくれるのです。

これも、ラットを使用した研究の結果がでており、シトルリンの作用によってインスリンが活発になったことが証明されています。

その他にも、血管を拡張させる働きで血流を改善させて、ブドウ糖が停滞するのを防いでいる効果もあります。

まとめ

現代では生活しやすい環境が進んで運動しなかったり、インスタント食品や加工食品ばかり食べたりと、生活習慣病は誰にでも起こり得ることです。

誰でも起こり得ることだからこそ予防しなくちゃいけないのですが、危険意識をもっている人は少ないです。

「これが美味しそうだから食べる」「運動するのが嫌いだから動かない」など欲望のままに生きていては正直この先長続きはしません。

上記のことが原因で、EDになってしまう可能性は非常に高く、男としての自信を失ってしまい女性に相手にされなくなってしまうかもしれません。

ですので、シトルリンを摂取しながら普段からの生活習慣を改めて、健康な身体を手に入れましょう!

シトルリンが豊富なオススメの精力剤

シトルリンが豊富に含まれている精力剤でオススメなのは「ペニトリン」です。

ペニトリンには、豊富にシトルリンが含まれていて1粒あたり700mgも配合されています。

他にも同じような効果のあるアルギニンも豊富に含んでいて、シトルリンとアルギニンは相乗効果があり、よりシトルリンの効果を際立たせてくれます。

実際に私がペニトリンの効果を検証してみましたので、是非ご覧になって見てください。

男性なら一度は悩んだことがあるのがペニスの大きさです。 男性であればデカチンに憧れてしまうものですが、現在の日本人男性の平均のペニ...

ギン次郎が絶賛!おすすめ精力剤ランキング!

関連記事

シトルリンで筋トレ効果アップ!筋肉増強のために摂取しよう!

シトルリンの美肌・育毛効果まとめ!美容目的で女性が摂取するのもアリ

アルギニン・シトルリンのダイエット効果を徹底解説!

アルギニン・シトルリンが入っている食べ物は?まずは食生活から