シトルリンの美肌・育毛効果まとめ!美容目的で女性が摂取するのもアリ

ギン次郎

ギン次郎
女性で精力剤を飲んでいる人が急増中!?

精力剤によく含まれている成分である「シトルリン」は美容目的で女性が飲んでも効果があるものです。

精力剤といったら、基本的に男性が飲むイメージが強いですので、なんか信じがたいことで本当に効果があるんだろうかと疑ってしまいますよね。

ですが、肌や髪がボロボロだと老けて見えてしまいますし、肌や髪が綺麗になるのなら是非とも飲んでおきたいものです。

シトルリンの効果

体内にシトルリンを摂取することでシトルリンはアルギニンに変換され、変換される際に一酸化窒素を分泌します。

この一酸化窒素は血中に入ることによって血管を拡張させる働きがあります。

血管が拡張されることによって、血液の流れが良くなりますので男性のペニスの勃起力向上やペニス増大に効果があります。

他にも、筋肉増強だったり疲労回復の効果もありますので、男性にとってはとても重要な成分なのです。

ギン次郎

ギン次郎
では女性にどのような効果をもたらしてくれるのか見ていきましょう!

美容目的でシトルリンを摂取しよう!

主にシトルリンの美容効果として挙げられるのが…

  • ハリ・コシのある髪の毛にする
  • 若々しい肌にしてくれる

この2つは女性にとってとても重要なことで、沢山の女性が肌荒れや髪の傷みで悩んでいると思います。

そこで早速この2つの美容効果について詳しくご紹介していきます。

ハリ・コシのある髪の毛にしてくれる

シトルリンは髪の毛の成長を促進させる成分です。

シトルリンの働きである血管を拡張させて血流を良くする効果をご紹介しましたが、この効果は男性の精力だけでなく元気のある髪の毛にしてくれるのです。

血液は身体のあらゆる器官に必要なもので、血流が悪く上手く血液が行き渡らないと何かしらの弊害が生まれます。

その弊害の一つとしてあるのが「薄毛」です。

髪の毛は栄養を得ることでハリ・コシのある髪の毛になるのですが、栄養が不足してしまうと髪の毛が弱ってしまい薄毛になってしまいます。

栄養が不足してしまう原因として考えられるのは、血液が栄養をしっかりと運んできていないことです。

血液は栄養を運んでくれる役割があるのですが、血流が悪いことによって途中で詰まったり老廃物などが溜まっている状態では多くの栄養は運べません。

そこでシトルリンの血管を拡張させる効果で血流を改善させることによって、より多くの栄養を髪の毛に運ぶことができ、ハリ・コシのある髪の毛にしてくれるのです。

元から血流が悪くなくても、さらにシトルリンを摂取することでさらに血流が良くなって髪の毛の成長を促進させてくれるでしょう。

ホルモン分泌を促進させる効果も

シトルリンは体内に入ることでアルギニンに変換されるとご説明しましたが、このアルギニンはホルモン分泌を促進させる働きもあります。

髪の毛が生えるゴールデンタイムは22時~2時の間なのですが、なぜこの時間がゴールデンタイムかというと成長ホルモンが多く分泌される時間帯だからです。

成長ホルモンは毛母細胞を活性化させる働きがあり、髪の毛を成長させるホルモンでシトルリンを摂取することで、さらに成長ホルモンを分泌させてより髪の毛を成長させるのです。

若々しい肌にしてくれる

  • 肌のターンオーバー
  • アンチエイジング作用
  • 肌の保湿成分

シトルリンの美肌効果としてこのような働きがあります。

どれも美肌には欠かせないことですので詳しくご紹介していきます。

肌のターンオーバーを助ける

シトルリンはターンオーバーを促進させる働きのある成分です。

ターンオーバーとは、古くなった表面上にある肌を生まれ変わらせることです。

これもシトルリンの血管を拡張させて血流を良くする働きが関係していて、血流が良くなることのより身体に溜まっている老廃物を血流を良くすることで体外に排出させますので、このことによって新陳代謝機能が活発になるのです。

古くなった肌が剥がれ落ちて、肌の下に新しくできた綺麗な肌がでてくるということなのですが、ターンオーバーが乱れてしまうことで肌荒れなどの原因になってしまいます。

ですので、シトルリンを摂取することでターンオーバーを正常にして綺麗な肌を手に入れられるのです。

アンチエイジング作用

アンチエイジングとは、簡単に言えば老化防止のことです。

人は年齢を重ねることによって身体機能の徐々に低下していくのですが、それを防止させることをアンチエイジングと言います。

シトルリンがなぜアンチエイジング作用があるのかというと、アルギニンの成長ホルモンの分泌を促進させる働きが関係しています。

成長ホルモンは10代をピークに年齢を重ねていくごとに、徐々に分泌量が減少していきます。

10代と40代の成長ホルモンの分泌量を比べてみると約半分くらいの分泌量になってしまうのです。

成長ホルモンの減少は老化の大きな原因の一つで、成人になってからもこの成長ホルモンは必要で、筋肉になるたんぱく質を合成して筋力を保ってくれたり、疲労の原因となるアンモニアを除去し疲労回復させる効果など、若さを保つために働きかけてくれるものなんです。

上記で説明した通り、シトルリンはアルギニンに変換される成分で、このアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させるということはもうご存知だと思います。

ですので、シトルリンにはアンチエイジング作用のある成分だということがわかります。

肌の保湿成分

シトルリンは、お肌の弾力やハリ、ツヤに関わる天然保湿因子(NMF)を構成するアミノ酸の一つです。

天然保湿因子(NMF)とは、人間がもともと持っている保湿成分で、角質層や角質細胞の中に存在し、水分を保持する力を持つ物質です。

お肌のハリ、ツヤは、この天然保湿因子(NMF)の質量に大きく左右されるので、シトルリンを補給することは、お肌の潤いを保つうえでとても大事なことなんです。

化粧水や乳液を肌に塗ることも大事ではあるのですが、身体の中から保湿してあげることも大事なのです。

シトルリンじゃなくアルギニンを摂取すればいいんじゃないの?

上記の効果で多かったのが、シトルリンがアルギニンに変換されることで、そのアルギニンの効果に意味があるということです。

ですので「アルギニンを直接摂取した方が効果がありそう」といった疑問が湧いてきます。

確かにそう感じてしまいますが、実はシトルリンを摂取した方がアルギニンの吸収率が良いのです。

アルギニンは口から摂取した時の吸収率が悪く、アルギニンを直接摂取しても胃や腸で消化されてしまい、40%程度しか体に吸収して作用してくれません。

ですが、シトルリンの場合はしっかりと腸まで届いてシトルリンからアルギニンに変換されますので、その方が身体の吸収率が良いのです。

パートナーと一緒に精力剤を飲んでみよう!

精力剤には沢山のシトルリンが含まれており、その中でもオススメなのが「ペニトリン」です。

ペニトリンには沢山のシトルリンが含まれている他に、アルギニンも多く含まれています。

シトルリンとアルギニンは相乗効果のある成分で、一緒に体内に摂取することでシトルリン単体で摂取するよりも、血中の一酸化窒素濃度が高くなるのです。

ペニトリンはシトルリンとアルギニンをバランス良く配合していますので、とてもオススメの精力剤の一つなのです。

男性には勃起力の向上やペニス増大の働きがあり、女性には美容効果のあるものですので、パートナーと一緒に精力剤を飲んで共有してみるといいですね。

実際に私が本当に効果があるか検証してみましたので是非ご覧になって見てください!

男性なら一度は悩んだことがあるのがペニスの大きさです。 男性であればデカチンに憧れてしまうものですが、現在の日本人男性の平均のペニ...

ギン次郎が絶賛!おすすめ精力剤ランキング!

関連記事

アルギニン・シトルリンが入っている食べ物は?まずは食生活から

シトルリンで筋トレ効果アップ!筋肉増強のために摂取しよう!

生活習慣病予防にシトルリン!動脈硬化・高血圧・糖尿病を防ぐ?

アルギニン・シトルリンのダイエット効果を徹底解説!