アルギニン・シトルリンが入っている食べ物は?まずは食生活から

精力剤によく配合されている「アルギニン」「シトルリン」とはなんだかご存知でしょうか?

精力剤を飲み始めた頃の私は、こうゆう成分がいっぱい配合されていたら、若い頃の元気が取り戻せるだろう!っと思って適当に精力剤を買っていました。

ですが、色々と買っていくうちに、やはり精力剤の効く効かないの差がハッキリとでてきて、どこで差が出るのだろうと思ったのです。

ギン次郎

ギン次郎
そこで精力剤に配合されている成分を調べて、どのような成分に効果があり、どのように効くのかを理解して、精力剤の良し悪しを判断できるようになりました。

精力剤に含まれていて効果のある代表的な成分である、アルギニンとシトルリンがどのような効果をもたらしてくれるのかご紹介していきます。

アルギニンとは

アルギニンとはアミノ酸の中の一つで、精力減退EDに効くと言われています。

精力剤やエナジードリンクなどに入っていて、意外と知っている人や聞いたことはあるっていう人がいるんじゃないでしょうか。

有名な所だとレッドブルなんかにアルギニンが入っていますね。

そんなアルギニンの効果・効能は、体内で一酸化窒素という成分を生成してくれます。

この一酸化窒素は、体にとってとても重要なもので動脈硬化を防ぎ、活性酸素を除いてくれる役割をしてくれるのです。

それによって…

  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧予防
  • 痴呆予防
  • 骨粗しょう症予防
  • 胃潰瘍予防
  • 肝障害予防

これらの老化や生活習慣病を予防してくれる役割をしてくれています。

動脈硬化、シミ、シワなどを引き起こす原因の一つとして考えられている「糖化」を抑えてくれますので、予防だけでなくアンチエイジングもしてくれます。

ギン次郎

ギン次郎
このような効果がありますが、どのように精力減退やEDにアルギニンが効いてくるのでしょうか?

精力減退・EDにアルギニン

アルギニンには、一酸化窒素を体内で生成してくれると説明しました。

ペニスが勃起する要因として、この一酸化窒素が分泌されることによって血管が緩み始めて勃起することが挙げられます。

この一酸化窒素は老化糖化ストレスなどが原因によって減少していくのです。

要するに、EDで悩んでいる方の多くが、この一酸化窒素が減少しているという事なのです!

ですので、このアルギニンをしっかりと摂取して一酸化窒素をしっかりと生成させようということなのです。

しかもこのアルギニンは、男性ホルモンの分泌も促進させてくれて精力減退を改善してくれます。

さらにさらに、精子の数や精子の運動性を高めてくれる効果もあり、男性不妊症にも効くといわれているとても優れたものなのです。

ギン次郎

ギン次郎
アルギニンは男性にとってなくてはならない大事な存在なのです!

シトルリンとは

シトルリンもアミノ酸の一つで、アルギニンと深い関係性のある成分です。

シトルリンは、不要物を排出する尿を生成する際に出来る成分で肝臓で作られていて、アルギニンと同様に一酸化窒素を生成します。

このシトルリンの一酸化窒素は、EDはもちろんペニス増大の効果を期待できるのです。

他の主な効果として…

  • 疲労回復
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • むくみ解消
  • 更年期障害予防

シトルリンとアルギニンの関係性

実はシトルリンはアルギニンと互換性のある成分で、違う成分なのですが体内に入ると一酸化窒素を分泌しながらお互いに変化していきます。

シトルリンはアルギニンに変化して一酸化窒素を血液に吐き出して、それがペニスの海綿体に流れ込んでペニス増大に繋がると言われています。

「じゃあどっちかだけ摂取すればいいんじゃないの?」という疑問がでてくると思います。

ですが、お互いの成分は体内に入って変化することにより、成分が失われるといわれています。

実は、シトルリンの方が体内吸収率が高く、アルギニンになった時に直接身体に作用するのです。

仮にシトルリンだけを800mg摂るのと、アルギニン400mg+シトルリン400mgを一緒に摂るのでは、アルギニンとシトルリンを一緒に摂ったほうが血中の一酸化窒素の濃度が高いのです。

ギン次郎

ギン次郎
お互いの相乗効果を狙う為にも一緒に摂取したほうがいいと言えるでしょう!

まずは食生活から

精力剤を飲むことで、アルギニンやシトルリンを摂取するのはとても効果的です。

ですが、普段からの食事でも気にして、アルギニンやシトルリンを摂取することで効果がまた違ってきます。

そこでアルギニンやシトルリンが入っている効果的な食べ物をご紹介していきます。

アルギニンが含まれている食べ物

アルギニンが多く含まれている食べ物は、鶏肉・大豆製品・ナッツ類・マグロ・海老などに多く含まれています。

では100g当たりに含まれている量を比較してみましょう!

名称 100g当たりの含有量
かつお節 4300mg
乾燥高野豆腐 4100mg
落花生 3200mg
ごま 2700mg
大豆 2700mg
アーモンド 2100mg
くるまえび 2000mg
しばえび 1700mg
鶏むね肉皮なし 1500mg
クロマグロ 1400mg
牛ひき肉 1300mg

結構多くのアルギニンが含まれていると思われますが、実は精力剤などでアルギニンを摂取するよりも吸収率が低いです。

なぜかというと、タンパク質~アミノ酸に分解されていくことでアルギニンの量が少なくなってしまうからです。

しかも摂りすぎてもよくはないですので、適度に肉類や魚介類をバランスよく食べることが重要になってくるのです。

シトルリンが含まれている食べ物

シトルリンが多く含まれている食べ物は、ウリ科の物が多く見受けられます。

では100g当たりに含まれている量を比較してみましょう!

名称 100g当たりの含有量
スイカ 180mg
ヘチマ 57mg
メロン 50mg
クコの実 34mg
トウガン(冬瓜) 18mg
ゴーヤ(苦瓜) 16mg
キュウリ 9.6mg
ニンニク 3.9mg

シトルリンの一日の摂取量は、キュウリなら50~60本必要で中々摂取するのが難しいです。

スイカならシトルリンが多く含まれていますので、簡単に摂取できるのですが、スイカをいつも食べれるわけでもありません。

そこで精力剤を飲むことでシトルリンの摂取をカバーするのが良いでしょう!

ギン次郎

ギン次郎
同じ物ばかり食べてしまっても栄養が偏ってしまいますので、適度に食事に盛り込んで精力剤でアルギニン・シトルリンを摂取しましょう!

ギン次郎が絶賛!おすすめ精力剤ランキング!

関連記事

生活習慣病予防にシトルリン!動脈硬化・高血圧・糖尿病を防ぐ?

シトルリンで筋トレ効果アップ!筋肉増強のために摂取しよう!

アルギニン・シトルリンのダイエット効果を徹底解説!

シトルリンの美肌・育毛効果まとめ!美容目的で女性が摂取するのもアリ